MENU

保育士が転職する時の保育園選び

 

保育園でしっかり働くためには、保育士の資格を取得する必要があります。ですがこの資格は国家資格であるため、容易に取得出来るものではありません。専門の養成学校に行くか国家試験を受験するために勉強するかして、保育に関する専門知識を得る必要があるのです。お陰で取得するには、それなりの労力と時間を費やす必要があります。

 

ですがその様にして保育士の資格を得て働き始めても、直ぐに嫌になって転職を考え始める人は珍しくないです。保育士の仕事は他の職種と比較した場合、基本的に給料水準は低く設定されています。その割に体力的にも精神的にもきつい職場も少なくないので、いざ働き始めた所で割に合わないと感じる人が多いです。ですが取得した資格を無駄にしないためにも他の職種ではなく、保育士として転職の道を選ぶ事をおすすめします。

 

同じ保育園の仕事でも、より働き易かったり給料が高く設定されているケースはあるのです。だからこそ働く保育園選びを慎重に行う事で、待遇アップを果たして転職を成功させる事は出来ます。ただし成功させるには、保育園の求人選びを上手く行わなければなりません。

 

保育園の求人を上手に探したいなら、保育士専門の求人サイトへの登録がおすすめです。専門サイトには全国各地の数多くの保育園の求人が登録されているので、豊富な求人の中から条件の良い求人を選び出す事が出来ます。しかも専門サイトの多くは優れた検索機能を持っているので、数多くの求人の中から働きたい地域に加え給料等の待遇面の条件に合う求人をピックアップ可能です。お陰で効率的に求人選びを行う事が出来ます。

 

更に専門サイトの利点としては、非公開求人を紹介して貰える点も大きいです。非公開求人とは普通の求人サイト等では登録されない求人であり、給料等の労働条件が優れた求人が多かったりします。なので非公開求人から働くべき保育園を選び出せば、保育士のまま好条件で転職を成功させる事が期待可能です。

 

保育士の求人!転職をスムーズにするには

 

憧れの職業の一つである保育士は、常に求人情報があるほど人気のある職業の一つです。
現在は、待機児童を減らそうという目標も各自治体が掲げており、保育所や幼稚園の数がどんどん増えている現状があります。ですので、保育士の求人は常に高いにニーズによって求められています。常に求人の多い保育士ですが、自分の求める条件で仕事ができるようにスムーズに転職活動を進めるためにやっておくべきことが3つあります。

 

まず、現在は保育所や幼稚園が一体型となった、認定こども園などが増えています。認定こども園では保育園と幼稚園の良いところを兼ね備えた施設となっています。
特徴として、保育士の資格と幼稚園教諭の資格双方が必要になります。多くの専門学校や、教育大学では双方の資格を取得できるカリキュラムを組んでいることが多いです。

 

今まで、保育士としてしか仕事をしたことがない方でも、幼稚園教諭の免許を持っている場合が多いです。履歴書に記載する場合は、しっかりと資格証を確認しておくようにしましょう。
また、保育士の資格には有効期限がありません。しかしながら、幼稚園教諭の免許には有効期限があります。定期的に、研修を受けて更新をする必要があります。
仕事で必要になった場合は、すぐに更新ができるように準備をしておくと良いでしょう。また、資格が切れている場合でも、資格を持っていることで更新をすればすぐに使えるようになるので、転職活動がスムーズに有利に運ぶことができる可能性が高いです。

 

 

次に、自分が今まで担当してきた仕事を明確にしましょう。例えば、クラスを担当したり行事ごとを取り仕切ったり、外部の役員になったりした経歴をまとめておくと良いでしょう。
職務経歴書のようなものを、作って履歴書と合わせて提出することで、自分のキャリアと求められる仕事の実像のマッチングがしやすいと言えるのではないでしょうか。
求人が多く求められている保育士の資格だからこそ、自分にあった良い条件を見つけられるようにしましょう。

 

 

保育士が転職をする場合の履歴書について

 

近年では簡単にパソコンで履歴書が作れるような時代となっていますが、保育士が転職をする場合の履歴書については、現在でも手書きが圧倒的に主流となっています。その理由には保育士の仕事内容は連絡帳を書いたりする時などには自筆で行うことが多いので、どのような字を書く人か確認する意味も持ち合わせているからです。綺麗な字でないから採用されないわけではありませんが、丁寧に書くことを心掛けるようにしましょう。

 

パソコンで履歴書を作成する場合には自宅の紙で印刷する人が多いかと思いますが、手書きで履歴書を作成する場合には市販のものを使った方がよいでしょう。市販のものは用紙にも少し厚みがあり、しっかりとした印象を与えることができます。また履歴書を作成した場合には、それをコピーしておくことをお勧めします。面接の際に履歴書の内容を踏まえて質問されることが多いため、事前に内容を確認しておくことができるでしょう。

 

履歴書の中でも大切になってくるのが志望動機です。志望動機を書く際にはこれから受験する保育園に対して、どのような部分に魅力を感じたのかを具体的に書くことが大切です。そのためには受験する保育園の保育理念や保育目標についてしっかりと確認しておく必要があるでしょう。そしてそれらに関して自分が共感している部分を、具体的に伝えると良いでしょう。

 

 

志望動機について具体的に書く方法としては、自分の経験をもとにして、自分がこれまでに経験してきたことと受験する保育園の保育理念が一致したために魅力を感じたというような言葉で伝えると、志望動機はすんなりとはいってきやすくなります。そして自己PRや希望欄にはこのような仕事を頑張ってみたいという考えがあるのであれば、それをアピールしてみるのもよいでしょう。しかし求人内容によっても異なりますが、保育園が希望している人物とずれてしまう場合には、採用にならない可能性が高いので注意が必要です。"

 

 

ウケる履歴書!志望動機の書き方-保育士編

 

保育士として就職活動をする際、履歴書の志望動機欄に書くと求人企業側にウケがいいのは、自分がその保育園で何をしたいのかを明確に書くことです。コツは自分がそれまでやってきた事と、今後やりたいことを関連させながら書くことです。新卒者の場合なら、保育士の資格を取るために一生懸命勉強してきたことや、積極的に保育園で実地演習を受けた経験などを書き、その上でさらにどのような事がしたいかを書くといいです。

 

学生が志望動機を書く際によくやってしまいがちなミスに、「学びたい」というニュアンスのことを書いてしまうケースがあります。「学びたい」というのは一見するといいことのように思えますが、保育園といえども営利企業の1つであり学びの場ではないので、学びたいというようなニュアンスのことを書くとマイナスに評価される場合もあります。学びたいことを書くのではなく、自分が何をしたいのか、会社に対して自分がどのような貢献ができるのかを書いていくことが大事です。転職者の場合も自分の過去の経験と繋げて志望動機を記入していくべきですが、新卒者よりも具体的な経験と志望動機が要求されます。

 

それまで保育士とは無縁の業界にいた場合は、なぜ保育士になろうと思ったのか、そのためにどのような努力をしてきたのかを具体的に書かなければいけません。過去に保育士関連の業界にいたのであれば、その経験を活かして何ができるかを書くといいです

 

。保育園の保育・教育方針に共感できるということも必ず入れておくべきです。どこの保育園でも保育方針を掲げていますから、それをしっかりと調べて自分の考える保育の在り方と、応募先の保育園の保育方針が合致していることを力説すればウケがよくなります。それから子供が大好きであることをアピールするのも大事です。保育士は子供と長時間触れ合う仕事ですから、子供が好きであることが一番大事です。子供が好きだといっても、ただ口で言うだけでは説得力がありませんから、過去に子供の面倒をみてきた具体例・経験を交えて書くのがおすすめです。

 

 

ウケる履歴書!自己PRの書き方-保育士編

 

履歴書を書く際には経歴などが重要視されると思われがちですが、その人をよく知るためには自己PRが最も重要であり保育士に関しては一貫して同じ仕事に従事し続けている事例が多いので尚更です。
失敗せずに当たり障りなく完成させたいのなら例文からヒントを得るのが一番ですが、無難な様子に留まってしまいますし本当の自分を見てもらうことはできません。
そこでポイントになるのは自己PRを作るのが難しかったとしても、全体を丸写しせずに自分らしさを入れてみるようにしてみることです。

 

保育士であるのならいかに子供の面倒を見たり接していき、成長を見届けるのかが好きであるのかを書いていくだけで効力が高まります。
同時に採用担当者側に立って自身の履歴書について見直し、自分自身がいかに子供が好きなのかをわかって頂けるようにすると他にも数多く居る保育士の中から突出した存在になれます。
また、採用担当者はプロであるためこれまでに数え切れない程の履歴書に目を通してきていますし、色々なパターンを知っているので少しのことでは魅力的に感じたり一線を画する存在に捉えてもらうのは至難の業です。

 

そのような中で即戦力としてすぐに活躍してもらえると感じて頂くのには、自分の子育てに関する活きた経験談を自己PRとして盛り込むことです。
そうすれば社会人として働くことにブランクがあったとしても、子育てをしていた事でむしろプラスの材料になるため採用を勝ち取りやすくなります。
さらに保育士が育てた子供たちが成長していき、その街の雰囲気を形成していると言っても過言ではないので自己PRを思い切って壮大にして周辺地域全体の発展にまで広げても良いです。
実際にお祭りや催し物では保育園が一つのグループとなって参加しお祭りなどを盛り上げることもあるため、認可保育園を希望している保育士では特に有用性が高いです。

 

もちろん大学生が新卒で履歴書を出すのならインターンなどの現場で見た様相を学生ならではの視点から書いてみると、保育士でさえも気づかなかった見え方に気が付けてこれからも話を聞かせて運営に活かしてほしいとして採用になりやすいです。

 

 

保育士が転職を行うときの身だしなみ

 

"転職を考える保育士の方々がこの頃増えつつあります。以前はあまり世間一般に開かれていなかった保育系の求人情報ですが、今ではインターネットで数多く掲載されています。また以前は転職をするにしても、地元の保育園くらいしか選択肢がありませんでした。そのため、あえて地元以外の町で働きたいと思ってもなかなか転職するのが困難でした。

 

今ではスマートフォンやパソコンで少し検索するだけで保育士に関する転職情報が分かります。ネット上には保育士に特化した転職情報サイトもあります。転職活動はインターネットを活用することで秘密裏に始められます。仕事を続けながら秘密裏に次の職場を探せます。上手く次の職場が見つかったら今の職場を離れ、反対に良い職場が見つからなかったときは何事もなくそのまま働き続けられます。

 

保育士が転職活動をする際の身だしなみですが、基本的に普通のサラリーマンやオフィスレディの人々と同じように考えましょう。身だしなみは面接の時にかなり大事です。髪の毛が伸びすぎていると、減点対象になります。ロングヘアーは女性らしくて素敵ではありますが、必要以上に伸びていると、保育の現場には不適格だと判断されます。ロングな女性も面接を受けるときは適度に長さをカットするか、不健康な様子に見えないようにヘアカットを受けましょう。

 

また最近では髪型や髪色について社会的にも寛容になって来ましたが、金髪やパーマなどについてはあまり良い印象がもたれない職場もあります。特に子供たちの模範となるべき保育士については、風紀の問題から金髪やパーマはあまり歓迎されないのが実情です。もちろん身だしなみが自由な職場もありますが、基本的には清潔感がある黒髪の女性の方が良い印象になりやすいです。

 

さらにネイルアートや派手なお化粧もNGです。ファッションは女性の自由ですが、保育士の転職活動を進めるときはナチュラルな身だしなみを意識したいところです。"


T1(821)
奈良県
愛知県
新潟県
佐賀県
青森県
島根県
東京都
北海道
徳島県
山梨県
沖縄県
山形県
三重県
茨城県
神奈川県
鳥取県
秋田県
福井県
香川県
愛媛県
福岡県
岩手県
福島県
岐阜県
大分県
宮崎県
岡山県
鹿児島県
山口県
広島県
熊本県
群馬県
和歌山県
石川県
富山県
栃木県
兵庫県
大阪府
静岡県
千葉県
高知県
長崎県
滋賀県
宮城県
長野県
埼玉県
京都府
T2(821)